国家補償制度
2010 / 01 / 21 ( Thu )
国家補償制度を新設する方針を政府が固めた。
どうしたものかというと、展覧会の主催者が借り入れた美術品、これが輸送時や展示中に盗難、破損などにあった際に損害額の一部を国が負担するというものだ。
昨今の世情を反映した制度と言える。
テロが横行する世界で、人が集まる展覧会は格好の標的になる。
展覧会の主催者に後顧の憂いをなくし、思い切った発想をという趣旨とみる。
芸術だろうと宗教だろうと、人間様の現実には逆らえませんからな。

チュンの日記

里芋はうまい

不景気の日記

ビンボー神の手記

食い詰めた〜

ある人の記

おばんの話

明るいことがない

未分類 | トラックバック(3) | コメント(3) | page top↑
| ホーム | 次ページ